トップへ » 認定医紹介・経歴 » 矯正歯科治療は、将来、歯を失うリスクを減らせる

矯正歯科治療は、将来、歯を失うリスクを減らせる

矯正担当医あいさつところで皆さんは、矯正歯科と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?キレイな歯並び?美しい口もと?もちろん、矯正によって見た目の問題を解決するといった考え方も大切です。でも、矯正にはもっと大切な目的があると私は考えています。

それは、歯のでこぼこを改善することで、むし歯・歯周病になりにくい口の中をつくることです。

歯並びの悪い状態でいると、ブラッシングがしにくい場所ができてしまい、しっかり歯磨きをしているつもりでもプラークがたまっていきます。その結果、むし歯や歯周病になってしまい、最終的に歯を失う確率が高くなります。たかが歯並び、されど歯並び。歯並びの悪さは、歯の寿命にも影響するといえます。

そこで矯正歯科治療で、歯並びを改善。すみずみまでブラッシングが行き届くようにすることで、むし歯・歯周病を予防できます。そして、バランスのよい咬み合わせをつくることによって歯への負担を均等にします。その結果、歯の寿命を長くします。また、よく噛めるということは、胃腸の負担も軽減し、カラダ全体を健康にしていきます。

矯正歯科治療には、見た目の問題を改善するといったメリットのほかに、「一生自分の歯で噛める可能性が高まる」といったメリットもあるのです。


トップへ » 認定医紹介・経歴 » 矯正歯科治療は、将来、歯を失うリスクを減らせる


コールバック予約