トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療

「痛みの少ない」矯正治療を目指す

「痛みの少ない」矯正治療を目指す

「歯の矯正中は、痛みが伴うことがある」――歯科矯正の経験者からそんな声をきいたことはありませんか?確かに、治療中は歯の根元などに痛みを感じることがあります。この痛みの原因は、歯が動くときに生じる、骨の中の歯根周囲での炎症反応。むし歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、物をかむときに鈍い痛みを覚えることがあります。

そこで当院での治療初期には、極めて弱い力で歯を動かすようにしています。炎症の度合いが少なく、あまり痛みを感じることなく治療を終える患者さんがたくさんいます。

弱い力で歯を動かす
当院では「できるだけ穏やかなチカラで歯を動かす」をモットーに、歯根膜への圧力を軽減。チカラ加減を微妙に調整しながら、極めて弱い力で歯を動かすようにしています。

初期時に細いワイヤーを使用
初期から中期には、ニッケルチタン製の軟らかいワイヤーを使っています。これによりかたいステンレスワイヤーよりも歯に優しく矯正力をかけられ、痛みを最小限にすることができます。

【プロテクター】 シリコンワックスで頬・唇を保護
装置が頬や唇に当たって痛いとき、原因となっている矯正装置の部分をこの装置で覆います。そうすることで、口の内側の粘膜を保護することができ、治療中の痛みが大きく軽減されます。

※痛みの出方としては、装置調節後の2、3日がピークで、せいぜい一週間で消失します。歯を咬み合わせた時の痛みが主で、たえず痛いわけではありませし、我慢できる範囲です。
※痛みの感じ方や装置への違和感は個人差が大きい問題です。おひとりおひとりに合わせた対応を心がけています。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由院長のこだわり目立たない装置
痛みの少ない治療なるべく抜かない矯正を目指す治療の流れ
矯正中のむし歯予防子供の矯正について有料カウンセリングの理由
あなたの歯並びはどれ?(治療例)子供・大人の治療例
料金表よくあるご質問医療費控除

矯正歯科カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療


コールバック予約