トップへ » 当院が選ばれる理由 » なるべく抜かない矯正を目指す » 抜歯が必要な場合もあります

抜歯が必要な場合もあります

抜歯にも、メリットがあるのも事実ですしかしながら、無理に非抜歯で矯正治療を進めた結果、歯が前に飛び出し、「出っ歯になってしまった」ということも起こってしまいます。その結果、咬み合わせが安定せず、後戻りなどの不具合が発生してしまう場合があるのも事実です。

抜歯か非抜歯かに関しては、患者さん個々のケースに応じて、総合的、長期的な視野に立って判断することが大切というわけです。残念ながら、100%歯を抜かないで治療できるというわけではありません。

とはいえ、抜歯するかどうかは、メリット・デメリット等を十分にご説明の上で、患者さん自身にご判断していただくようにしています。患者さんとの同意ない抜歯は、決しておこないません。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » なるべく抜かない矯正を目指す » 抜歯が必要な場合もあります


コールバック予約